Kobe SALAD 2016 サマースクールのご案内

7月 28th, 2016

神戸大学法学研究科より、下記の通り、今年も最先端で活躍する実務家や研究者を招いて、サマースクール ~Kobe SALAD 2016~ 開催のご案内がありました。

神戸大学を始めとする国内の学生の他、中国・韓国・マレーシア・ベトナムの学生も多数参加予定です。アジアに関するビジネス法に関心がある方の参加をお待ちしています。(基本的にはどなたでも参加いただけます。ただし人数の制限がありますので、お早めにお申し込み下さい。)

 下記画像をクリックする ↓ とPDF版がダウンロードできます。 お問い合わせ・お申し込み
法学研究科教務係
Email: law-kyomu-kenkyuka@office.kobe-u.ac.jp01

03

アンケート調査ご協力のお願い【終了】

7月 15th, 2016

アンケート期間中は、短期間に200名近くの会員諸氏にご高覧頂き、

多くの回答をお寄せ頂きまして、誠にありがとうございました。

後日、事務局より、集計結果をお知らせ致します。


会員各位

国際商取引学会   会長 齋藤 彰

 平素は、国際商取引学会の活動にご厚情賜り、誠にありがとうございます。今般、学会の運営を付託されております理事会では、今後の学会運営などの参考に会員諸氏にアンケート調査を実施させて頂く事となりました。

お答え頂くお手間や集計の便宜上、学会HP上だけでのアンケートとさせて頂きます。(数分でご回答頂けます。)

下記画像からお運び頂くか、スマートフォンなどで下記QRコードからお進み下さい。会員の方からのみの回答を得るためアンケートページにはパスワードがかけてあります。(パスワードは、部会会場、メールにてお知らせ致します。)

匿名の調査にはなりますが、重複回答を避けるため、同一パソコン、スマホからの回答は特定できますので、お答えは一度だけにして下さいますようお願い申し上げます。締切2016年7月31日

今後の学会運営の指針作りの為、皆様のご協力をお願い申し上げます。

QRcode     survey

 

 

 

 

全国大会個別報告募集のご案内

5月 12th, 2016

下記の要項の通り、2016年度「全国大会」(11月12日・13日、神戸大学)における個別報告の募集を行いますので、ふるって応募してください。

1.応募資格

原則として応募時において会員である者に限定します。ただし、例外的に、報告時までに会員となることを条件に報告を認めることがあります。

2.応募審査基準

できる限り多数の応募者に個別報告をしていただく予定ですが、プログラム日程および会場の制約との関係で応募者多数の場合には、審査を行い、個別報告をしていただく方を選定することがあります。この場合の審査は、次の諸事項を勘案し、学会事務局が総合的に判断します。

① 研究課題の斬新さや重要性

② 研究報告の質

③ 法学と商学および研究者と実務家のバランス

④ 研究経験年数のバランス

⑤ 過去3年間における報告の有無およびその内容

3.コメンテーターの選定

報告に対するコメンテーターについては、報告応募者による希望を考慮しますが、その最終決定については、学会事務局が行います。

4.報告と年報掲載との関係

個別報告の年報への掲載の可否は、「『国際商取引学会年報』掲載原稿審査要領」に従う審査により、決定されます。すべての報告・原稿が、年報に掲載されるわけではないことに注意してください。

5.学会事務局の指定による個別報告

学会事務局は、適宜個別報告者を応募者以外からも選定することができるものとします。学会事務局により選定された報告者については、応募審査の対象外とします。


 

報告日、報告会場および形式

(1)報告日:2016年11月12日(土)または13日(日)

(2)報告会場:神戸大学

報告形式および時間配分

(1)報告:30分

(2)コメンテーターによるコメント:10分

(3)質疑応答:10分

応募資格

(1)応募資格:国際商取引学会会員であること。

(2)応募時に会員資格を有しない者は、学会への入会を条件に応募を認める。

応募手続き

(1)応募方法:学会のホームページより「AIBT研究報告申込書←クリック」を送付する。

(2)締切日:2016年8月15日(月)

5.結果の連絡日および連絡方法

(1)結果連絡日:2016年9月12日(月)

(2)結果連絡方法:応募者宛てに個別に電子メールにて結果を通知する。

以 上

,